健康生活を送りたいなら女性ホルモンを増やす方法を知ろう

血栓などの予防になる

血液がどろどろになると、血管の病気になる可能性があります。EPAのサプリを利用することで、血液をサラサラにできるかもしれません。その他のDHAなどの成分も一緒に含まれているものもあり、相互作用を得るメリットもあります。

生きた酵素が摂取できます

丸ごと熟成生酵素は、スーパーフルーツ16種を含む、120種類の生きた食物酵素が含まれているため、健康と美容に様々な効果が期待できます。便秘解消にも効果的なので、腸内環境を改善してお通じを整えたいときにも、丸ごと熟成生酵素を取り入れてみるとよいでしょう。

疲労感をなくせる

二日酔いにならないためには、肝臓の機能をうまく働かせアルコールだけではなくアンモニアをきちんと分解させる必要があります。オルニチンは疲労感などをもたらすアンモニアという毒を分解する手助けをしてくれます。お酒を飲まない時でもきちんと摂取することで肝臓機能をよくし、二日酔いを予防することができます。

大豆イソフラボンで増やす

悩む女性

更年期に効果的なサプリ

女性ホルモンを増やす方法として一般的に活用されているのが、サプリメントです。女性ホルモンのエストロゲンを増やすサプリメントを飲むことで、老化対策、骨粗しょう症対策、更年期障害対策になります。エストロゲンの活性を高める効果がある成分が、「大豆イソフラボン」です。しょうゆや味噌、きなこなどの大豆食品には、大豆イソフラボンが大量に含まれています。大豆イソフラボンは、体内に入るとエストロゲンと同じような働きをします。更年期になるとエストロゲンが急激に少なくなります。そしてホットフラッシュなどの症状が出ます。大豆イソフラボンを積極的に食べれば、エストロゲンが増えて症状が緩和されます。大豆イソフラボンのサプリメントは飲むだけでいいので、いつでもどこでも女性ホルモンを増やす方法です。サプリで女性ホルモンを増やす方法を試すことは、更年期対策にもなり、アンチエイジングにもなります。大豆イソフラボンには保湿効果や美白効果、美髪効果などがあるからです。エストロゲンは美人ホルモンとも言われていて、美人度を上げる働きをします。女性ホルモンを増やす方法としてお勧めの大豆イソフラボンですが、一日の摂取上限があります。大豆食品から摂取する場合は、1日に70mgが目安です。サプリメントの場合は、100mgでも十分効果的です。上限以上摂取するとホルモンのバランスが乱れることがあるので、サプリメントは上手に活用することが大切です。